お風呂のカビ対策 防カビ&カビ取り特集

お風呂のガンコなカビをしっかりに落としたい!意外と知らないカビ取りのコツ 

カビ取り剤を使っても、なかなか落とせず残ってしまうカビってありますよね?
そんな諦めていたガンコなカビをしっかり落とせるかもしれない!? ちょっとしたコツをご紹介。

カビ取り前に、カビの汚れを落としましょう!

黒カビには、皮脂や石鹸カス等も付着しているので、浴室用洗剤で汚れを落としてからカビ取りしましょう。洗ってみたら、黒カビだと思っていたのが単なる黒い汚れだったということも。カビ取りの範囲は少しでも狭くできたらうれしいですよね。

カビ取り剤は、カビ取りしたい場所が乾いた状態で使いましょう!

カビ取りしたい場所が濡れていると、カビ取り剤が薄まったり密着しにくくなったりします。

ガンコなカビや垂直面のカビは、キッチンペーパー等でパック!

落としにくいガンコなカビや、カビ取り剤が流れてしまいやすい垂直面のカビは、キッチンペーパー等でパックしましょう。

※所定時間以上に放置しないこと。

タイルの目地のカビ取りは、横方向にスプレーしましょう!

タイルの目地は、カビ取り剤を横方向の溝にスプレーすると液が留まりやすく効果的です。

カビ取りは、こすらないようにしましょう!

ゴムパッキンやタイルの目地のカビをこすると、カビの菌糸が材質の奥に入り込んで落としにくくなります。カビ取り剤をスプレーしたら、こすらず数分~5分ほど待ち、水で流しましょう。

一度で取れなかった場合は、しばらく間をおいて、数回に分けてカビ取りしましょう。

カビの取り残しはありませんか?

お風呂の構造は意外に複雑で汚れを見逃しがち。カビ取りの際には、取り残しがないかどうかしっかりチェックしましょう。

  • ドアのパッキン
  • タイル
  • タイルの目地
  • 天井
  • 浴槽
  • 浴槽のふた
  • 換気扇
  • 排水口
  • シャワー
  • シャワーのホース
  • 蛇口まわり
  • ドア
  • 窓枠
  • 洗面器やふた等のお風呂小物
  • おもちゃ等
  • シャンプーボトル等のボディや底面